埼玉県越谷市に本社工場を構える藤工業株式会社です。

  • 中
  • 大
048-795-0075 埼玉県さいたま市岩槻区古々場2-7-1

Head-Barヘッドバー

複雑な鉄筋の組立作業を確実に、簡単に、早くを可能にしました。

機械式定着工法 (せん断補強鉄筋) ― 主な特徴

  • プレート定着型せん断補強鉄筋は、半円形フックと同等以上の定着性能があります(付着定着から支圧定着へ)。
    施工性は、両端半円形フックでは施工困難な場所に、迅速な施工が可能になり、配筋作業が単純化かつ省力化されます。
  • 定着されたプレートがしっかり主鉄筋を拘束するため、主鉄筋の座屈を抑止する効果及び、部材のじん性が破壊までの挙動を含めて、半円形フック鉄筋と同等です。
    また、コアコンクリートの拘束効果も向上します。(横拘束鉄筋として使用可能)
Head-bar(ヘッドバー)について(VSL JAPAN株式会社)
(財)日本建築センターコンクリート構造評定委員会 認定書

機械式定着工法  ― 主な特徴

  • 従来の曲げフックの代替として、異形鉄筋端部に摩擦圧接で取り付けたプレートの支圧により、鉄筋をコンクリート内に定着する工法です。
  • 曲げフックが不要なため、パネルゾーンの配筋が簡略化され、施工能率が向上します。
    また、PCa(プレキャスト)工法における配筋作業、部材の組立にも適しています。
  • 製作時のエネルギー効率が高く、鉄筋量も削減でき、環境負荷の少ない工法です。
Head-bar(ヘッドバー)定着工法について(VSL JAPAN株式会社)
写真